リガトラに
できること。

法律翻訳とは

料金体系

1/4

リガトラにできること。

さまざまなジャンルの翻訳を手掛ける大手翻訳会社をコンビニエンスストアとするならば、リガトラは、英文契約書などの法律翻訳をメインメニューとしてご提供する専門店。でも、なぜ専門店に翻訳を依頼する必要があるのでしょうか?

例えば、“law”という単語。一般的な英和辞典では、「法、法律、法規、慣習」の訳語が示されています。ところが英文契約書では、「コモンロー」と訳さなければならない場合があります。このような訳し分けを語学力だけで行うことは困難です。

リガトラには、弁護士、企業法務部門や渉外法律事務所での勤務経験、法学部又は法科大学院出身の優秀なエキスパート翻訳者が多数登録。法律翻訳の専門店として正確で丁寧な訳文をお届けしています。

法律翻訳とは

人と人との約束事を文書化したものが法律文書。

英文契約書はもちろんのこと、毎日のEメールであっても何らかの取り決めがあれば、立派な法律文書です。

これらの文書は、お互いの現在の意思を確認する上でとても大切なものですが、その重要性や厳密性が顕在化するのは、将来、当事者間において裁判などの紛争が生じたとき。だからこそ法律翻訳には高度の正確性が求められています。

料金体系

料金は、納期や取り扱い分野によって異なります。お気軽にご相談下さい。

 
 

お問い合わせ先

TEL:0561-76-5383

取り扱い分野

取引関係

ライセンス契約書、代理店契約書、取引基本契約書、売買契約書、秘密保持契約書、業務委託契約書、技術援助契約書、品質保証契約書、輸出入契約書、賃貸借・リース契約書、融資・保証契約書、支払請求書、商標権使用差止警告書、レターオブインテント(LOI)、覚書(MOU)、利用規約など。

会社組織関係

財務諸表、四半期決算書、短信、株主総会招集通知、ジョイントベンチャー契約書、株式売買契約書、株主間契約書、会社定款(株式会社設立証書、基本定款、付属定款)、取締役会議事録、就労規則・人事労務関連文書、内部監査書、法務精査書(デューデリジェンス)など。

裁判・証明関係

日本または外国裁判訴状、判決書、答弁書、和解書、裁判意見書

各種公的証明書(戸籍・住民票、法人登記簿証明書、帰化申請書類、製品保証書)、宣誓供述書

その他、上記以外のあらゆる法律文書または関連文書

翻訳者の仲間を募集しています

英語の翻訳者または通訳者として登録していただける方を随時募集中です。

​中国語、ベトナム語など英語以外の言語の翻訳者・通訳者の方も業務拡大につき募集しています。

詳細は下記からお問い合わせください

お問い合わせページへ→